ダイヤモンドヘッドを登る

ハワイといえば、

ダイヤモンドヘッドが有名ですが



ハワイ挙式をするカップルも

記念にダイヤモンドヘッドに登る方が多いんです。



中にはご家族揃って登られる方も多く、



『今日、結婚式の前に朝登ってきました!』



と言われたお母様もいらっしゃいました。




やはりハワイを知る上で

ダイヤモンドヘッドに登らなければ、



と、いう使命感(!?)のもと


登ってきました。






ダイヤモンドヘッド。





陽が登ると暑くなるので

7時頃に到着するようむかいました。






到着がする頃にはもう駐車場はいっぱい。



少し離れた駐車場もいっぱいで、

車が空くのを待っている車がたくさん。。



なんとか停めることができましたが、

車で行く場合はもう少し早い到着の方がスムーズに駐車できるかもしれません。



バスやトロリーを使って行く方法や、

ツアーに申し込んで行くこともできます!



駐車場からダイヤモンドヘッド入り口まで10分ほど歩きます。



ハワイとはいえ、早朝は肌寒い。






長袖はあった方が安心です。


2月は薄手の長袖でも肌寒かった。






ダイヤモンドヘッドの入り口に到着し

登りはじめると、もうすでに人が沢山!!



一列になって頂上をめざします。



わたしが登りはじめた頃にはもう下山している方も沢山おられました。





美しい山。



そして目の前は長蛇の列。



途中、坂道から階段に変わるところがあり、


余裕だと思っていた体力を少しずつ消耗していきます。



また自分の後ろにも

長い列ができているため



無言のプレッシャーが。。




ディズニーランドを思い出させるような

薄暗いトンネルを歩き



ようやく休憩できるスペースへ




朝日が美しい。




この頃には上着も脱いでノースリーブでしたが滝のように汗が流れていました。



水分、タオル必須です。




休んでいるのも束の間、

フッと見た横手に信じられないものを見つけてしまいます。





😱😱😱





ナンデスカ、コノカイダン






しかも一段一段の幅が高い!




この階段を登れば

そこはもう頂上。



しかし、すでに太ももがかなり疲れています。





果たして脚はあがるのか。





すがるような気持ちで

パンフレットを見てみると





ルートが2通りあるではありませんか。






ひとつは、この階段をあがるルート




もうひとつは遠回りだけど階段をあがるよりもゆるやかなルート。




距離は短いけどハードなコースか、




距離は長いけどソフトなコースか、






究極の選択。






一生の思い出に階段を頑張って登るのも

いいかなと思いましたが、




あの後ろからの無言のプレッシャーの中、



休まず100段くらいある階段を登るのは

やはり地獄だと思い



ソフトコースを選びました。





こちらも階段はありましたが、



さっきの階段に比べると断然登りやすい。



景色を楽しむ余裕もでてきました。



ゆるゆる〜と歩いていると


15分ほどで頂上に到着しました!





達成感。



頂上では沢山の人が写真撮影をしていました。



ダイヤモンドの頂上までは

40分ほどで登り切ることができます。





下り。




下りの方が上りよりも

キツいと聞いていたのですが、


個人的には下りの方が楽に感じました。



下る頃には日も差してきました。




気温も上がり暑くなってきたので、


9時ごろに登りはじめると



早朝よりもさらに汗をかきそうです。



登り終えたあとは、


とても清々しい気持ち。



早朝から身体を動かすなんて あまりないですからね。



その後は、

ダイヤモンドヘッドのふもとで


毎週土曜日の午前中に開催している

KCCファーマーズマーケットへ行きました。



KCCファーマーズマーケットの記事はコチラ




早朝から動くと1日たっぷり

ハワイを楽しめることが特権ですね。





しかし挙式前にダイヤモンドヘッド登頂は



とてもハード!!!



あの日、とても爽やかな顔で登頂したと

お話ししていたお母さま。。



すごすぎます(;_;)


CONTACT

「詳しい内容がもっと聞きたい!」「バウリニューアルってなに?」

​素朴な疑問やご不明なことがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。誠心誠意お答えいたします。

「A PROLOGUE.」 ウェディングプロデューサー 久津呂 綾乃

Copyright© A PROLOGUE.  All rights reserved.