作り物ではない結婚式とは?







初めてハワイのモアナルアガーデンの挙式を見た時、






とてもよく晴れた、





澄んだ空気が爽やかな午前の挙式でした。










おおきなモンキーポッドの木からは、






太陽の光がさしていて





やさしいウクレレの音色と小鳥のさえずりが聴こえていて





その全てが、





新郎新婦さまやご列席のご家族を





あたたかく包み込んでいました。








挙式が中盤に差し掛かったころ、






地元に住んでいるお父さんと、





ブロンドヘアの5歳くらいの可愛い女の子が






遠くから散歩をしながら歩いてきました。






女の子はガーデンにある大きな木の下で





走りまわったり、





芝生の上で寝転んだり、





とても楽しそうに遊んでいました。







しばらくすると女の子が






遠くで結婚式をしている事に気がつきました。






近くに走りだそうとすると







お父さんが女の子の手をとり、








『シーっ』









と、ふたりで手をつなぎ





遠くから静かに





結婚式の様子を眺めていました。









その光景がとてもキレイで








作り物ではない





ガーデン挙式のあたたかな空気感を、





ただただ感じました。







いつか、挙式を挙げた新郎新婦さまが






産まれてきた子供を連れて







モアナルアガーデンに帰ってきたとき、







同じように結婚式を遠くから眺めて







自分たちの結婚式の日を思い出したり、







結婚式を遠くからみていた女の子が、







大きくなって自分の結婚式を挙げるとき、







きっと、お父さんと手を繋いで見た







この日の記憶が







蘇ってくるんだと思います。






だからモアナルアガーデンの挙式は






永遠に誰かの心の中で







まわりつづけて







なくなることはありません。







モアナルアガーデンのコンセプト







『いつでも、帰ってこられる場所』








結婚式が終わったあとも







そこで終わりではなく







物語りの続きがあるということ







これが作り物ではない、







本当に価値のある結婚式なんだと







感じた出来事でした。

CONTACT

「詳しい内容がもっと聞きたい!」「バウリニューアルってなに?」

​素朴な疑問やご不明なことがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。誠心誠意お答えいたします。

「A PROLOGUE.」 ウェディングプロデューサー 久津呂 綾乃

Copyright© A PROLOGUE.  All rights reserved.